上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと放射線治療も残すところあと4回となった。
仕事が普通に忙しくなってきて、二泊三日の出張もあったりで、
少し伸びてしまったが、終わりが見えてきた。

左胸の様子はというと、放射線があたっているところとあたっていない
ところの境目が比較的くっきりして、
左胸全体が赤黒くなっている。
痒い。
かさかさで粉をふいている。
そばかすみたいな茶色いぽつぽつが見苦しい。

・・・

でも全て他の方のブログで知っていたし、お医者様から話しも聞いていた
ので困惑はしていない。

あと4回!
終わったらマーキングなんか気にせずにざぶっとお風呂に入って、
お胸の放射線焼けのケアでオイル塗りたくって、
岩盤浴やゲルマ温浴で発汗するぞ---------------!!!




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
2012.11.25 / Top↑
この一週間ほど、急激に痛みがなくなったように感じていて嬉しい。
以前は堅い生地の服や下着は、着脱も着ている状態も痛かったし、
急に動いた時、
愛犬が飛びついてきた時、
手術した側をずっと下にして寝ていた時、
などはずきっ、ではなく、ず~ん・・・とした痛みを感じたのだが、
最近それが無い。

先日、
どびゃっ!と愛犬が前足で私の胸をどつき、一瞬ひやりとしたのだが、
「あれっ・・・痛くない

というわけで、調子に乗ってがっつり胸をもんでみた(笑)
(このキーワードで変なのがひっかかならないことを祈る)
痛くな~い!!

残念ながら、胸の内部について「ここが肉を切った境目だな~」というのが
ばっちりわかる肉の硬さ。
でも痛くないだけで、人間これだけ気楽になれるもんだ。

というわけで、今夜はアレに挑戦する。
そう、痛さが怖くて一ヶ月半、一度もやっていないアレ・・・

うつぶせ!!!!



人気ブログランキングへ



2012.11.13 / Top↑
一時間おきに目が覚めた手術の夜が明け、朝5時頃からどうも騒がしい。

私のベッドの隣のおじいちゃんが、何度もナースコールしてはトイレへ。
数分おきに呼んでいて、さすがに私ももう眠れなくなってしまった。
一度はどうやらトイレまで間に合わなかったらしく、
察知した看護師さんが何度も「出ちゃったの?」と聞くも無言。
カーテン越しに実にはらはらするやり取りであった。
にしても病院というのはプライバシーが無い。

朝6時、検温と血圧測定。
そしてしゅわっ!と尿道に入っていた管が抜かれる。
痛くはないが、変な感覚だった。看護師さんも「ちょっと変な感覚がありますよー。
はい息吐いてー。」と私の呼吸に合わせてしゅわっ!と抜いていた(笑)

すっかり目も覚めていたので、「朝食が来る前に歯を磨きたい。」と相談すると、
私の部屋から歯磨きセットを持ってきてくれ、
コップにお水を入れて、ペッとする用のトレーと一緒に渡してくれる。

7時頃朝食が出てくる。
前日は絶食だったので、実に丸一日半ぶりの食事。
お味噌汁とご飯を一口。美味しい・・・・と思ったら、げ~と吐いてしまった。
いやー、歯磨き用のトレーがあって、本当に良かった!!

結局食べられなかったが、痛いわけでも体調が悪いわけでもない。
左胸がずーんと重く、感覚が無いという感じ。
熱は37度ちょっとあったと思う。

10時頃、術後の要観察患者部屋から、元の部屋に戻る準備。
これがそろそろと時間がかかる。
左胸を見るのは怖いので、目をそむけつつ、看護師さんに手伝って
もらいつつ、着替え終了。
やっとパンツを履くことができ、なぜか危機を脱したような安心感だった。



人気ブログランキングへ



2012.11.10 / Top↑
さて、ノルバデックス。

服薬開始から約二週間経過したが、特にこれといった副作用は感じない。
一度だけ、体中がか~っと暑くなって、
オフィスで一人だけ、「暑い暑い」と騒いだことがあり、
あれがうわさに聞くホットフラッシュだったのかな、とは思う。

それ以外には特に今のところなし。

心配だった生理周期も、恐ろしいほどにぴったり、予定通りに今日きた!!
なんだか嬉しい。

ちなみに、処方薬局で受け取る時、他の方を対応する時は、
薬剤師さんが薬名など堂々と読み上げ飲み方や回数を説明しているのが
丸聞こえだが、
私の時は薬名も言わないし、なんだかささやくように「飲み方などは
おわかりですよね。」と言ってくる。
お気遣い、どーもすみません。



人気ブログランキングへ

2012.11.10 / Top↑
放射線治療が始まって三日目くらいに感じた猛烈なひりひり感。
なんかちょっと治まっている。

考えられる理由としては、
①放射線科の先生がおっしゃっていたが、皮膚ではなく内部の反応を
 皮膚近くで感じているため、皮膚が痛いと感じるのでは?とのこと。
 なので放射線治療による皮膚炎症ではなく、
 手術後の傷の痛みを皮膚表面で感じただけ。

②職場の乳がん経験者がくれた、オリブ油をこっそり塗ってみた効果。
 一応放射線治療中は処方以外のものを塗ってはいけないそうなので、
 金曜日の夜と土曜日の朝のみ塗ってみた。

恐らく①が正解なんだろうけど、
②のオリブ油、これも良かったと思う。私の傷は乳輪に沿っているので、
敏感な個所(笑)だけに、ずっと傷が痛かったのだが、
オリブ油を塗ったあたりから良い感じ。

ちなみに一応放射線科の先生にはこっそりオリブ油を使ったことを報告したら、
笑って許してくださったが、
「皮膚表面の水分が放射線を乱反射させるので、できれば使わないでね。」
と言われた。

オリブ油をくれた同僚は、治療後にずっと残っていた皮膚の黒ずみが
これで少し解消したそう!

あと二週間の放射線治療が終わったら毎日使おうっと!!!



人気ブログランキングへ
2012.11.10 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。