上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、このブログにしばしばコメントをしてくれるほいめいちゃんの
お友達が日本からやって来た際、火鍋をご一緒させてもらいました。
9月に結婚するという彼女は、とても美人で、なのに辛口コメントと
服の食べこぼしで笑わせてくれる、かなり素敵なキャラ☆でした。

5月に遊びに来た私の友達といい、
裸にレースで天使変身写真を撮ったち~様のお友達といい、
今回のほいめいちゃんのお友達といい、
日本からやって来る人達はみんなきれい◎◎
なぜ?!どうしてみんな美人なの、来中者達よ!!

火鍋臭くなった私達は、つぶれかけのような薄暗いカフェで
お茶をする事に。「つまみにヒマワリの種が出るから」という謎な
理由で向かったそのカフェで、私達はなんと生卵入りアイスコーヒー
を注文してしまいマシタ。アイヤー。
お店のお姉さんが「これで間違いないな?」とばかりに一つ持って
来たソレを見て、私達はびっくり仰天。
「いや違う違う!!」と慌てる私達に、「もう作り終わっちゃった」
とブーたれるお姉さん。
どうせ1こ持って確認に来るなら、全部作り終える前に来てよ。。。

まあなんとか交渉の末、アイスクリーム入りに変更してもらえました。
(若干チャージされたけどね)
ほんとにヒマワリの種出てきたし。

いったいどんな発想で、生卵をアイスコーヒーに入れたんじゃろね。
まあ、「オーナゼニポンジンゴハンニナマタマゴカ~ケマスカ~?!
シンジラレナ~イ」「クジラタベル、ヤバンジンネ」なんて言われる
日本人も同じか笑 納豆は臭いし。私もシンジラレナ~イ。

tamago.jpg

スポンサーサイト
2006.06.29 / Top↑
最近、毎日テーマを決めて服を選んでいる。
昨日は映画『Memoirs Of A Geisha』に影響されてテーマは「芸者」
髪を横でまとめて、和な花柄のスカートで。
(妻は「芸者」を「電車」と聞き間違え、しかも納得していた。。。
なんでじゃ!)
今日は「南フランスの大学生」。
だぼだぼのチノパンに、よれよれのシャツ。
ちらっと見える花柄ウェッジソールサンダルと石のネックレスがポイント!

お昼にタクシーを飛ばしてミンシェン屋へ。

残業せず早く帰って、ワインを飲みながらルンルン気分で料理。
メニューは、ネギのお吸い物・キムチチャーハン・キャベツの温サラダ・
ジャガイモソテーローズマリー風味。

「毎日つまんないな~。な~んか面白い事、ないのかな?!」と
もし思っているのなら、それは間違い。

日々の中に楽しみを見つける事が、脱マンネリへの第一歩!
なんだと気がついた一日でした。
2006.06.27 / Top↑
『Memoirs Of A GEISHA』を見ました。
051210.jpg

美しい映像で心が和みましたが、ちょっと笑えた。
あ~外国人の「ニッポン」のイメージってこんなんなんだな~って。

私だって、
例えばロシア人なら「ハラショー!」って叫びながらピロシキ手にコサックダンス、
スコットランド人ならバグパイプにタータンチェックスカートのノーパンおじさん、
インド人ならターバン巻いてカレー食べてるとか。(あ、まんまか)
確かにステレオタイプなイメージは持っている。
でも、みんながみんなそうじゃない、って事もちゃんとわかっている。

しかしどうも「日本にはまだサムライとニンジャとゲイシャがいる」
と信じたがりな変なジャポニズムを持った外国人が世の中には多いんじゃないか?!
と思ったりも。。。

豆葉役のミシェール・ヨーがとにかく美しかった。
『宗家の三姉妹』『007 Tommorow Never Die』も是非見なくちゃ!
中国系マレーシア人だなんて知らなかった~。

日本に帰った時にも芸者が主人公の漫画『さくらん』by安野モヨコさん
読んだし、今芸者がまいぶーむ!
リサーチ開始します♪
2006.06.26 / Top↑
もうびっくり!の一言。
韓国時代の同僚のブログ『ショコラとペンギン』から
許可を頂きパクりました。
誰か謎を解いて!!→
http://blog5.fc2.com/y/yonehan/file/psychic.html
2006.06.25 / Top↑
リリー・フランキーさんの『東京タワー』を読んだ直後の私に
「お母さん43度の熱が出たの。そのせいで耳がよく聞こえない~。」
なんぞ言われた暁には心が痛い。

自殺未遂に見えてただの怪我事件、
親知らず抜いたら二日間血が止まらへん事件、
冷蔵庫1人で運ぶなよ足ぱっくり事件、
かかとが汚い女は最悪じょりじょりあっぱっくり事件、
等等・・・
血みどろネタは尽きない母ですが、熱ネタは初めて。
物心ついた時から熱がある母を見たことが無かったので
いきなり43度と言われかなり動揺しました・・・。

ほんと病気って心細いよね。
韓国に住んでいた時、
誕生日にもらったケーキにあたって39度の熱が出た。最悪。
もう苦しいし熱いし関節痛いし心細かった丁度その時、
お誕生日おめでとうコールが母からかかって来てまじ泣いたもん。

きっと母も心細かったろうなあ。
ごめんよう。
治ってきてヨカッタヨカッタ。
2006.06.23 / Top↑
やってみて!
↓精神年齢をはかる『お子ちゃま度テスト』
http://style.beauty.yahoo.co.jp/fortune/psychology/psy?date=200606071&ty=q&pg=1
私の精神年齢は?
2006.06.22 / Top↑
生まれた子供は2歳になってしまうし、
幼稚園に入った子は卒園してしまう。
ヒロシ&キーボーはまだラブラブな時期。(なんのこっちゃ)
2年は短いようで長い間だ。
そんな長い期間大連に1人やって来てがんばったアナタ達に拍手!

202MYKAL前の春餅屋でささやかなお祝い☆
↓この皮に
20060622003136.jpg

↓こんな具を
20060622003312.jpg

↓こんなんして巻いて巻いて食べるノダ。
20060622003551.jpg


私も入社して1年8ヶ月、大連に来て1年5ヶ月経った。
ずっと大連にいられるわけじゃない。
毎日を大切に過ごさなくちゃね
2006.06.22 / Top↑
大連競麗部員の私もハリウッドセレブもいってみりゃ同じ。
お仲間です。きっぱり。
アンジェリーナ・ジョリーは同い年だし!
・・・・・
あなたは誰タイプ?
私はマドンナでした~
http://special.msn.co.jp/beautystyle/celeb_check/index.html
2006.06.21 / Top↑
エステサロンとネイルサロンに行って帰宅すると
自宅に小料理屋『花ぐるめ』(妻命名)がOPENしていました。
おまかせメニューで、本日は
・鯖の味噌煮
・半月大根と鶏肉の煮物
・茄子の挽肉はさみ揚げ
・かき揚げ
でした。ご飯とお味噌汁付きでした。
20060618220025.jpg

後日、郷土料理『割烹 山形』をOPENさせる予定との事。
なかなかやり手な妻です。
たまには私も『トラットリア デ・○バータ』あたり開店して
ラタトゥイユとラザニアあたりふるまいましょうかね。
2006.06.18 / Top↑
子供の頃私は超病弱で、幼稚園には半分も行っていない。
私が病気になると、母はとても優しかった。
チョコレートやアイスクリーム、プリン、ゼリーとありとあらゆる
甘い流動食が常備され食べ放題。
そして治りかけると買ってきてくれたのがぺヤング マイラブ。
(確か病気が治ったオメデトウ!なんていう時じゃないと
 ジャンクフードは食べさせてもらえなかった記憶がある)
私がぺヤング好きなのは、
単純に美味しいのと、
病気が治った嬉しさと、母の優しさをいっぺんに思い出せるからかも。

そんな美しいエピソード満載の私とぺヤングの純な関係。
長らくはぐくんで来た、振り返ればそこにいてくれるような存在。
なのに!
知らなかった。。。

クールな青だけじゃなくて、ピンクのあなたもいたなんて!
peyangu_cupnoodle.jpg

図書館でよく見かける、メガネをかけた美少年。読みふけっているのは
フランスの詩集だったりマネの画集だったり。
ちょっといいなあなんて思っていたある日、
雀荘でねじりはちまきくわえタバコ、血走った目でマージャンに
夢中になっている彼を目撃してしまったがああぁぁぁぁん

そんな気持ちでしょうか。
よく知っていると思っていた大好きな人の事、
本当は何も知らなかったのねアタシ。。。
アキ、ショ-----------ック!(←野ブタ。のアキラ風に)

2006.06.17 / Top↑
我が家でミニホームパーティーをしました。

私はソムリエナイフで親指をざっくり!切ってしまい
ティッシュがスプラッタ。
なぜかそこからメッタ刺し殺人犯の心理の話に発展したり
妻が見たがっていた『大停電の夜に』を見始めてしまい
料理にかかっていて途中から見る羽目になった妻プチ切れ。
何年かぶりにトランプをして、スピード(ち○みちゃん弱すぎ)
やったり大富豪でルールに妻再びプチ切れ。
等なんだかほのぼの(?)楽しい夜でした。

この四人で一軒家を借りてシェアしたら。。。という話になり
料理担当、掃除担当、門番(?)が決まったところで
私は役割に困った挙句「どんぶり勘定係」に決定。
お給料日に全員からお金を巻き上げてお小遣い制。
飲み会等の臨時出費は申告制。
ドライヤー使用に至っては本物の丼に1元入れて使用可。
太りたいおっしーは太ったらお小遣い、痩せたら罰金。
タクシーに乗りすぎの人は呼び出しを食らったりする。
そんな厳しさがあるのに、
月々の食費や光熱費は把握していないし、エステやマッサージには
札束をどんと支給するどんぶり勘定な一家の財布係。
そんな話で盛り上がったのデシタ☆

またいらしてくださ~い

2006.06.17 / Top↑
2008年に派遣される韓国人宇宙飛行士募集中!
任務はキムチ実験!
まあもっとかっこよく言うとキムチ乳酸菌を使った薬剤の開発実験!
あっぱれ韓国人。
その頑固さが好きだ。

何がなんでもキ・ム・チぃぃぃぃ!!!
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/space_exploration/?1150427589

無重力になって宇宙を漂うキムチを見てみたもんだ。
ロマンじゃありませんか。

kimchi_kotteri.jpg


ちなみに韓国で鍼治療に通った時期がある。
「あなたの体質には、辛いもの、炭水化物、肉は合わないから
食べないほうがいいでしょう。」と言われました。
キムチとビビンバと焼肉の国で

何食べろっつうんじゃああああ!!
2006.06.16 / Top↑
友達の就職が決まりました!

私はずっとプー太郎だった。
みんなが就職活動をするから私も、とは考えず
結局在学中に就職活動をしなかった自分の頑固さは結構好きだった。
でも、カナダ留学の費用の為バイトを掛け持ちしていた時も、
留学を終えバイトをしながら日本語教師養成講座に通った時も、
「私は一生夢を追いかけながらバイトをし続けるのではないか?」
という漠然とした不安はあった。

そんな私が韓国の済州島の日本語学校に就職が決まった時は、
やっと自分が何者かになれた気がして嬉しかったし安心した。
今の会社に就職が決まった時は「さらに自分が大きくなったような」
気持ちがした。一応外資だし笑

※今は揉めて癒せて笑いも取れるマッサージ師になりたい。
 クレーム対応もできるぞ。今取っているきねづかじゃあ。
 またバイトしながら学生の運命だろうか。。。?!

就職おめでとう!
君なら持ち前のパワーと笑顔でばりっとこなせるよ。
お金を貯めて大連にまた来てね♪
そして幸せな気分を思い出させてくれてありがとう!
下がっていたモチベーションを復活させられそうだ☆
2006.06.14 / Top↑
さて。
昨日の耳掃除の続報です。
3人中1人は「よく眠れたし、寝覚めが良かった」
   1人は「いつも通りよく眠れた。寝覚めはいつもより良かった」
   1人は「あんまり変わらない気がする」
でした!
38元也。アナタの結果報告を待つ!!
2006.06.14 / Top↑
以前にも書いたロースーフー裏の日式指圧にて
マッサージ&耳掃除をしました。
ストローの堅い版を耳に挿し先端に火をつけ待つ事10分。
真空になったストロー内に耳垢が吸い込まれ、
終わった後のストロー内には、目が◎◎!#%$&=!!
となる程の垢のたまりっぷり。
20060613231847.jpg

安眠効果があるらしいので今夜はよく眠れるかな?
結果は明日レポートします☆
2006.06.13 / Top↑
エリカ邸で美味しいご飯とエリカの寝顔(笑)を満喫し、
翌日から三泊四日で長崎の伯母に会いに行きました。
下記「東京タワー」でも書いた、私の二番目の母です。

2000円の宮崎産マンゴー(マンゴーアレルギーの妻は失神しそう)や
20060611214618.jpg

大連とは一味違う本場のお寿司や
20060611215142.jpg

長崎を一望できる山の上の料亭の会席料理も
20060611220101.jpg

素晴らしかった!ビバ☆ビバ★だったのですが、
一番心に残っているのは73歳の伯母の恋バナでした。

伯母は40を過ぎるまで独身でした。
故郷の長崎を離れ、東京で優雅な独身生活を楽しんでいました。
縁談が全く無かった訳ではないようですが結婚には至らなかったそう。
長崎で教員をしていた伯父と東京で行われた同窓会で再会し、
静かで控え目な猛烈アタックを受け二人は結婚しました。
伯父には亡くなった前妻との間に三人も子供がいたので
いろいろと大変だったようです。
でも二人はとても仲良しで、昨年12月に伯父が亡くなるまでは
伯母は本当に幸せで素晴らしい結婚生活を送れた、と言っていました。
そして同じ家に住んでいながら時々交したラブレターと
遺髪を見せてくれました。
「寂しい時には遺髪にほっぺすりすりするの~」と
にこにこしている伯母の目は涙。
20060611221446.jpg


伯父が亡くなり看病疲れで激やせした伯母は、
伯父が入院していた病院にそのまま入院しました。
不思議な事に、病院内を歩き回る伯父を何人もの看護婦さんが
目撃しているそうです。きっと伯母が心配だったのでしょう。
愛ってすごいねえ。

ちなみに伯母の入院中毎日電話をかけていたのですが、
「毎晩8時頃、402号室の松岡さん宛にきれいな声の女性から
電話がかかってくる」と、ちょっとした私の声ファン達が現れたらしい。
夢は壊さぬよう。。。「たりい」「殺してえあのデブ」
「今何時?バンバンジー」などと日々口走っている女と
同一人物である事を知る必要は一切ございませんわね。

2006.06.11 / Top↑
最近多少の事では動じなくなりましたが
白髪を二本発見した時、
土曜日に満員バスの中で授乳を始めたお姉さんを見た時、
「SPITZは小学校の頃流行った」という同僚の言葉を聞いた時には
びびりました。。。
まだまだ修行が甘いな。。。
2006.06.11 / Top↑
現在朝4:30、目はパンパンに腫れ、
枕元には涙と鼻水が大量に染み込んだティッシュペーパー。
読んでいる時は全く気がつかなかった無数の蚊に刺され。。。

遅ればせながら読みました。
リリー・フランキーさんの『東京タワー』。
今すぐ飛行機に乗って日本に帰りたい気分になりました。
ネットをチェックして大地震が起こってないか、
無事を確認しなければといてもたってもいられない気分になりました。

私には母が二人います。
と言っても、生みの親と育ての親。。。なんていう話ではなく、
私を実の子供のように可愛がってくれている長崎に住む73歳の伯母が
私にとって二人目の母。私の結婚式(相手、予定ともに無し)には、
「新婦からご両親へのお手紙が。。。」という定番のお泣かせコーナーで
伯母へのメッセージも読み上げて伯母を喜ばせちゃおう♪
という密かなプランが着々と練り上げられつつあります。
(結婚式のプランを考えるのはなかなかいい暇つぶし。眠れない夜にお勧め)
この二人は私の人生に大きな影響を及ぼしている二大人物で、
今後の私の人生設計にも外せないキャラなのです。

いい本でした。
久々に二人の母の事をいろいろと思い出せて嬉しかった。
小学校の時、私を待ち伏せするいじめっ子をさらに待ち伏せして
突然スキップしながら現れた母の事を思い出して笑っちゃった。
「見たわよ!担任の先生にいいつけてやる!!」って捨て台詞吐いて、
そのままスキップで去っていった。私も慌てて後を追ったけど
スキップが早すぎて追うのが大変だったな~。

海外暮らしが長くなると、会うたびに老けていく二人。
永久に一緒にいられるわけじゃない。
その事を再認識させてくれた本でした。

さて、大地震が起こっていない事も確認したし、
もう5時だ。
寝なくっちゃ!
2006.06.11 / Top↑
ザリガニ~@四川料理屋(はおよーどー隣)
20060611003854.jpg

皿がきちゃないわね。見苦しくてスミマセン。
味はふつー。
スパイスで臭みを消してたから海老みたいだった。
2006.06.11 / Top↑
じゃぱんつあーは、友人の結婚式、六本木ツアーを経て
三日目は友人宅へ。
中学、高校と一緒だったエリカちんの超くつろげる和な空間で
手料理をご馳走になりました。
日本のスーパーにてまず食材が美しく整然と並んでいる事に
大感動し、「違います。スパイじゃありません。他店からの
偵察じゃございません。ご案心下さい。」という顔をしながらぱちり。美しい...
20060609000913.jpg


そして何よりもビバ!!だったのは、スーパーで仕入れた
食材を使ってエリカが"ぱぱっと"天ぷらとお味噌汁と
モロヘイヤのおひたしを作ってくれた事!!
20060609001254.jpg


私の周りには料理上手が多い。
そしていわゆる「いい女」(私ビジョンで)には料理上手が多い気がする。
美人とか可愛いとか外見的なものだけじゃない、「いい女」。
上記のエリカしかり、
時々書き込みをしてくれる日本語教師時代の同居人しかり。
もち妻の手料理も旨い。
うわ、しかもなおぞう、君は料理人じゃないか!
大好きな作家の山田詠美さんや森瑤子さんもそう。

多分料理上手な人って、生きる力がある人なんじゃないかな。
生きることは食べる事。
健康な心と体はリンクしていて、栄養ある食べ物はその
どちらも作る事ができる。
だから今「食」がブームなんだよね。
生きる事の基本、「食」をきちんと捉えている人って
生命力が強いから美しいんじゃないかな。

それに、ジャージ着てヘアバンドにメガネで
カップラーメンすする女より、
ぱぱっと簡単に作った料理で食事するほうが絶対に見目麗しいよな~。

というわけで、今年こそ料理上手になるぞい。
ぺヤングは食べ続けるけどね。
2006.06.09 / Top↑
最近私の周りにはラブがいっぱい。

あ、あれ?!なんだもう初夏かよ、やべー咲き忘れちった!
今更だけど咲いちまえ!的な勢いでラブの花が咲き乱れて
おります

なのでその幸せな人たちの周りをちょろちょろして
ラブパワーをちびっとでもおすそ分けしてもらうのだ。
他力本願でダメ?
でもやっかむよりいいよね~。

幸せウイルスは伝染するんだと信じて、
明日は「顔が怖い」と言われないよう頑張ろう笑
2006.06.07 / Top↑
じゃぱんつあーは友人の結婚式からスタートしました。
二七広場で作ったチャイナドレスを着こんで、
ピンヒールで結婚式会場に披露宴開始1分前に到着。
 (↑これ下さい。と八百屋のノリで購入 弐萬参千円也)
髪ぼさぼさ、汗だらだら、息ぜーぜー、
ドラマの遅刻シーンまんまやん!的な登場でした。
「こんなに渋滞していたら、走ったほうが速い。お金は要らない
から走りなさい。」と言ってくれたタクシーの運ちゃんありがとう。
でもやっぱり連れて行って欲しかった。。。

大学の剣道部の同期の結婚式でしたが、
最近出席した結婚式の中ではピカイチの嫁さん美人っぷりでした。
大学の頃は「まともに話せる女子はお前しかいねー」
なんて言っていたくせにのう。
あっぱれじゃ。
帝国ホテルでの披露宴っつうのもなんとも甲斐性あるカンジ。

ダイスケ結婚オメデトウ!お幸せにね

でね、じゃぱん記2で何が一番ビバ!じゃぱん!かっつうとね!
これ!
20060607182850.jpg

すげくないすか、この帝国ホテルのアメニティの充実ぶり!
体ごしごしタオルまであったんスよ?!
中国のホテルじゃ考えられないヨ。
ビクリシタヨ。
結婚式ネタからトイレに置いてあるアメニティネタで
終わってごめんなさい笑

2006.06.07 / Top↑
GWに帰国した際、高校時代の剣道部の先輩お二人に
お付き合い頂き、六本木ヒルズに行ってきました。
『ダ・ヴィンチ コード展』
『COLD STONE CREAMERY』とゆー話題のアイス屋
さんが目当てだったのですが、アイス屋さんはスゴイ行列で
とてもとても並ぶ気にならなかった。。。
http://www.coldstonecreamery.co.jp/
20060607132359.jpg

写真は行列のほんの一部なのだ。
で、行列の尻尾の隣にあった『TULLY'S』でお茶を濁したのですが
先輩二人は、もし私が並びたい!と言ったら並ぶ覚悟で
いて下さったらしい。ありがたいな~。

昼は三人で麻布十番のアンチエイジングレストラン『キヨズキッチン』
でランチ。青汁プリンが美味しかった!!
『麻布十八番』に名称変更したようです ちょっとウケル)
http://www.senior-com.co.jp/18/index.html

なんか年に数回帰国するのが本当に楽しみ。
日本が嫌いな方、海外に住んでみる事をオススメします。
いついてしまって行方不明になる可能性も大だけどね。
2006.06.07 / Top↑
昨日は、高校時代好きだった美少年シュウちゃんと
カナダ留学時代好きだったアルベルトとその双子の妹リビエル
の誕生日。

シュウちゃんは仲良しグループの他の女の子が好き
だった事が卒業後発覚しアキショ~ック!
  (野ブタ。のあきら風に ↑ )
アルベルトは彼の帰国一週間前にお互い恋心があった事が判明、
とりあえずデートでも、となったのですが、
彼が私の電話番号をなくし私は家で待ちぼうけ。
朝から晩まで宇多田ヒカルの『Automatic』と
サラ・ブライトマンの『Time to say good by』を
聞きながら涙していた思い出が。
今でもその二曲を耳にすると、瞬間的にその思い出が
蘇り、アキショ~ック!アゲイン!

シュウちゃんに恋したのは10代で、
アルベルトとの思い出は23歳。。。ん何年前じゃあ!

でも二人とも今ではいい友達。
アルベルトの家族なんて、
何年かに一回ふらっと二週間くらい泊まりに行っても
みんな暖かく迎えてくれる。

それなりに悲しい思いをしたけれど、
今では私にとって暖かい存在の二人。
ありがてえこったね。

友達の誕生日って、思い出で楽しめるいい日だねい。

2006.06.05 / Top↑
恩師が亡くなる夢を見ました。
私は夢の中で号泣し、遺骨を一つこっそり持って帰って来ました。

GWに日本に帰った際、
急に会いたくなってなんとか連絡を取ろうとしたのですが、
先生の引越し先の電話番号を知らず
誰が知っているかすらわからず
あきらめて帰って来た経緯があっただけに嫌な気持ちになりました。

もちろん本当に亡くなっているわけはなく
「世にも奇妙な物語」的なオチは全くないのですが、
人はいつ会えなくなってしまうかわからないのだから
自分勝手な仕事ぶりの人に腹を立てたり、
痩せたいのにピスタチオナッツをつかみ食いしてしまった
自分に自己嫌悪したりしている暇があったら

今できる事をちゃんとしなさいよ

というメッセージだったのかとちょっと反省したのでした。

にしても会いたいなあ!
私は13歳、先生は26歳だった。
あの頃の先生の歳を越えちゃったよ。

もう会えない人。長い間会っていない人。
けんか別れしちゃった人。
好きだった人。
そんな人達に無償に会いたい気分になった
1日でした。
2006.06.04 / Top↑
昨日は『湯本』に行ってきました。
お決まりのメンバー+他部署の友達ち○みちゃん+妻。
『湯本』は在大連の日本人には超有名な温泉。
(銭湯っぽい雰囲気ではあるが。。。)
飲み物と果物、入浴、90分マッサージ、顔パックで117元と
まあまあお手ごろのお値段です。
友好広場の『小肥羊』で火鍋を食べた後、5人でゆもってきました。

嫌いな人はいないと思うけど、私もマッサージ大好き。
ネットのお気に入りにはマッサージ店検索サイトが
ずらっと並び、評判のいいトコロや行った店の感想は
手帳に書き記し、いつかスーパーマッサージ師になり人々を
癒す為日々リサーチを怠らないのです★

そんなマッサージ好きな私ですが、
(起きている間限定で)マッサージ中頭を離れず、時にもんもんと
し過ぎてストレスになってしまう事項がいくつかあります。

①顔の位置

 うつぶせになった時顔を入れるあの穴にどうやって顔を
 乗せるべきか悩んでしまう。
 A.おでことあごを少しずつ穴のふちにかけるようにする
 B.おでこを主に乗せ、あごは穴にすっぽり入るようにする
 
 私はAなのですが、これだとあごが痛い。でもなんとなく
 マッサージしている人に悪くてあごの位置を正せないため
 あごがこりまくり。
 また「他の人は小顔だからどうやって顔を乗せるかなんて
 悩まないに違いない。馬面な私だけの悩みなんだ、が~ん」
 と1人で落ち込み始めたりもしてしまう。。。

②力加減
 私は強いマッサージが好き。「もっと強くお願いします」
 と言うのは中国でも日本でも日常茶飯事。
 ただ。。。。
 「もっと強く」と三回くらい言って、意地になった按摩師さん
 がピンポイント外した指圧を始めて痛い時。。。
 何も言えなくてツライ。「そこはもっと弱く」「強ければ
 いいってもんじゃない」なんて高度な中国語能力は私には
 無いのデスネー。アイヤー。

③腸が活発化

 たいてい食事の後に湯本に行くので、お風呂とマッサージ
 効果で胃腸がぐるぐる言い始めます。
 
 つい悪い事を想像してしまうポイントってありませんか?
 私は階段を上っている時には「こけて額をぶつけてぱっくり」
 と「エスカレーターでつま先をはさまれ血どびゃー」が
 よくある妄想なのですが、
 「マッサージされている時、急に腰を指圧されてオナラが
 出てしまうのではないか」という恐怖心も実はマッサージ中
 付きまとっているのです。。。
 あんな日本人だらけのところで「ぷー」とか「ぶり」とか
 いってしまった暁には、その翌日日本に帰る事にします。

もし私が荷物を置いたままこつぜんと大連から消えたら、
拉致か湯本でおならだと思って下さって結構。
いや困るか?!

2006.06.02 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。