上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
子供の頃私は超病弱で、幼稚園には半分も行っていない。
私が病気になると、母はとても優しかった。
チョコレートやアイスクリーム、プリン、ゼリーとありとあらゆる
甘い流動食が常備され食べ放題。
そして治りかけると買ってきてくれたのがぺヤング マイラブ。
(確か病気が治ったオメデトウ!なんていう時じゃないと
 ジャンクフードは食べさせてもらえなかった記憶がある)
私がぺヤング好きなのは、
単純に美味しいのと、
病気が治った嬉しさと、母の優しさをいっぺんに思い出せるからかも。

そんな美しいエピソード満載の私とぺヤングの純な関係。
長らくはぐくんで来た、振り返ればそこにいてくれるような存在。
なのに!
知らなかった。。。

クールな青だけじゃなくて、ピンクのあなたもいたなんて!
peyangu_cupnoodle.jpg

図書館でよく見かける、メガネをかけた美少年。読みふけっているのは
フランスの詩集だったりマネの画集だったり。
ちょっといいなあなんて思っていたある日、
雀荘でねじりはちまきくわえタバコ、血走った目でマージャンに
夢中になっている彼を目撃してしまったがああぁぁぁぁん

そんな気持ちでしょうか。
よく知っていると思っていた大好きな人の事、
本当は何も知らなかったのねアタシ。。。
アキ、ショ-----------ック!(←野ブタ。のアキラ風に)

スポンサーサイト
2006.06.17 / Top↑
我が家でミニホームパーティーをしました。

私はソムリエナイフで親指をざっくり!切ってしまい
ティッシュがスプラッタ。
なぜかそこからメッタ刺し殺人犯の心理の話に発展したり
妻が見たがっていた『大停電の夜に』を見始めてしまい
料理にかかっていて途中から見る羽目になった妻プチ切れ。
何年かぶりにトランプをして、スピード(ち○みちゃん弱すぎ)
やったり大富豪でルールに妻再びプチ切れ。
等なんだかほのぼの(?)楽しい夜でした。

この四人で一軒家を借りてシェアしたら。。。という話になり
料理担当、掃除担当、門番(?)が決まったところで
私は役割に困った挙句「どんぶり勘定係」に決定。
お給料日に全員からお金を巻き上げてお小遣い制。
飲み会等の臨時出費は申告制。
ドライヤー使用に至っては本物の丼に1元入れて使用可。
太りたいおっしーは太ったらお小遣い、痩せたら罰金。
タクシーに乗りすぎの人は呼び出しを食らったりする。
そんな厳しさがあるのに、
月々の食費や光熱費は把握していないし、エステやマッサージには
札束をどんと支給するどんぶり勘定な一家の財布係。
そんな話で盛り上がったのデシタ☆

またいらしてくださ~い

2006.06.17 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。