上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


私は母が二人いるかのような幼少期を過ごしたので、
第二の母である伯母とリアル母揃っての母の日は感慨深かったです。

城ヶ崎の雨という名の紫陽花を贈りました。

いつまでも元気で。




スポンサーサイト
2010.05.10 / Top↑



実家滞在中。

小学生だった頃通学路にあった川が埋められて散歩道になっていた。

道脇は桜の木なので春は見事だろう。

エイタも土の上を歩けて、心なしか楽しそう♪

おしっこの後いっちょまえに後ろ足で土かけて、
誰にも習っていないのに、本能なんだねえ。




2010.05.09 / Top↑


普段お留守番が長い愛犬、
ゴールデンウィークで家族に囲まれ幸せ寝姿量産。

のんびりまったり良い連休でした。



2010.05.05 / Top↑

勾玉くん、枕返していただけませんか。


2010.05.04 / Top↑



間違えました。長崎の伯母はおんとし78歳でした。

エイタの写真は全部同じようでいて、膝の主が三枚とも違います。

伯母にエイタさんが歯を剥いた後、どうやったら伯母とエイタが仲良くやれるか考えた父。

出した答えが「敬っている姿をエイタに見せる」

自分(父)や母にはなついているので、その自分や母が敬う相手ならエイタも敬うだろうと。

「伯母さん、お茶どうぞ」とうやうやしく頭を下げながらちらっとエイタを見る父。

普段私と父はかなり仲が悪いけれど、これにはウケました^^;


2010.05.03 / Top↑

長崎の伯母(おんとし75歳)が市川市の実家に滞在しているので、
この連休は実家ごもりです。
エイタは最初伯母に吠えかかり歯を剥いたのでヒヤッとしましたが、
今は仲良し。
母と私との血のつながりを感じるのでしょうかね?
なつくのが通常より早いです。

写真は母(通称イチゴのオバサン)の膝で寛ぐエイタさん。



2010.05.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。