上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すっかり忘れてた~。続き書くの。
多分また忘れるから、③は無しにして全部書いてしまおう。

ということで、かなり前のことにはなりますが、
エイコ(母)とエイタ(愛犬)を連れて島根旅行に行ったんだけど、鳥取の境港に寄ったのよ、
あたりで終わっていたかと。

二日目は旅のめいんえべんと、出雲巡りでございました。

出雲大社って本当は「いずもおおやしろ」というのをご存じか?
オオクニヌシノミコトが治めていた地上の世界を、天空のアマテラスオオミカミが
「そろそろ返せ~」とあの手この手で迫ってきて、すったもんだの交渉のあげく、
「じゃあいいけどさ~そのかわりこの後一生を暮らすためのすんばらしい住居をくれ」
とこすいことを言ってゲットしたのが出雲大社です。ざっくり言うと。

出雲大社①
神楽殿

エイタ@出雲大社
境内でゴキゲンエイタさん ※犬OKだって。伊勢神宮は犬だめだってね。

大社駅
旧国鉄の大社駅。
昔はここが出雲大社への唯一の玄関だったそうな。

エイタ@出雲
ふんばるエイタ。
出雲大社で撮った写真の中で、一番好きな写真。これかい!


ちなみに、出雲大社は今、平成大遷都の真っ最中。行っても本殿は見られません。
平成20年から25年までということで、あと二年待ちましょう!


チャーターしたタクシーの運転手さん、知識が豊富でいろいろな出雲神話の
話を聞かせてくれたおかげで、すっかり神話にハマってしまいました。
旅から帰って買い込んだ神話系の本がベッドサイドに積まれています。
いやあ、神話超おもしろい。
人間臭いっつうか、欲深いつうか、都合よく話まとめ過ぎじゃね?!みたいなところとか。
オオクニヌシノミコトが出雲大社を手に入れた経緯なんてその最たるものだと思う。
ネゴったのかよ~、と。

この本、オタクっぽいけど入門書としてはサイコーです。
本
アマテラスオオミカミがヒステリーだったり、
女の神がナンパして妊娠したら不細工が生まれちゃったので殺して、
男の神からわざわざナンパし直して妊娠したらまともな子供が生まれた・・・
とか、はちゃめちゃ。韓流かよ、って感じです。


終わらそうと思ったけど続けます^^
スポンサーサイト
2011.09.24 / Top↑
無事に蒸し風呂我慢大会が終わり、夕方にはエアコンも付き一安心。

このお宿の難点は、部屋食ではないことと、食堂にペットを同伴できないこと。
なので旅行だっつうのに、エイコと私はそれぞれ一人づつ食し。
ファミリーの中、一人食事をする私に、お宿の方が気を使い、
周りに聞こえるように「ワンちゃん連れは大変ね。お部屋で一人にできなくて。」
とわざわざ言ってくださり笑


それにしてもファミリーのみなさんの会話のないこと。。
ご夫婦は明日はどこを回るかで口げんか、
子供は魚を食べたくないとむずり、
訳あり風男女の男性のほうがやたらウンチクを垂れ、お宿の食事の不満を言い。

おかしな人間模様の縮図のような夕飯タイムでありました。
まあたった一人でご飯を食べている私は私で、
旦那さんと喧嘩したんだろうかとか、失恋一人旅なんだろうか、
とか思われていたかもしれんね。

そんなこんなで夜はふけ。

二日目はこの三泊四日の旅のメインイベント、出雲観光です。
というか、むしろ初日と三日目はなんの予定も無いというナマケモノの旅なのでした。

続きます。
2011.09.04 / Top↑
忘れないように書いておかなくちゃ。

さて、先日の島根旅行withエイタ&エイコなんですが。

ジジイ父が行かないとダダをこねるので現地での足が無い私と母は、
羽田空港→米子空港→タクシーで境港へ→お宿のお迎えで美保関へ
というとてつもなく面倒なコースを辿ったのでした。
ちなみに美保関は島根ですが、出雲空港や松江駅よりも鳥取県の米子空港のほうが
近いのです。

お宿のお迎えが来るまでの間、境港のガイドブックには必ず載っている「魚山亭」さんで海鮮丼
を食し、 ※ただし写真が無い。なぜならば携帯で写真を撮ったからさ怒

鬼太郎ブームの境港をながし、あまりに「鬼太郎」なので若干うんざり笑
(あまりの暑さにエイコが死にかけていたため、流し見しただけ)
炎天下、着ぐるみの鬼太郎やねずみおやじを見た時には唖然としたわ。

ポスト
ポスト②

その他、携帯で撮った写真はコレ → 

境港から車で20分ほど、美保関はそれほど有名な観光地ではないこと、
小さな港町であること、
ペットが泊まれるところは少ないこと、から選択肢は少なかった中で、
お盆直前なのに三泊四日分まるまる空いているなんておかしいなあ・・・と思いつつ
お宿にたどりつくと、まあ、案の定的な感じでした。笑

とってもキレイに写っています;

お宿「福間館

母親孝行のつもりで、今までエイコ同伴の年に一回の旅はかなり良いお宿にばかり
泊まっていたので、今回は申し訳ないなあ。。。とちょっと思ったのだけど、
ただ、日を増すごとにこのお宿も美保関も気に入り、こりゃあ毎年来るしかない!
と私は個人的に思ったのでした。エイコはどう思ったか知らんけど。

このお宿の難点は、「部屋でのんびりする」客が恐らく皆無なのでしょう、
チェックアウト時間からチェックイン時間までの数時間、エアコンがお宿全体で
止まってしまいます。
三日目はお部屋でのんびりDAYの予定だったのが、蒸し風呂で我慢大会みたいになって
しまったのでした。暑さに弱いエイコはぐったりしながらお昼寝。※扇風機はある。

にしても、うちの問題児エイタさんはこれだけはすごい。
お部屋について、マーキングを始める前に、トイレシートを部屋の隅に置き、
「ここがトイレだよ」と声をかけたらその日からそこ以外では粗相なし。
天才。


続きます。
2011.09.04 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。