上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
部署的に、一年で一番忙しい時期の直前に、
一ヶ月の傷病欠勤を取得してしまったワタクシ。

そして、一番忙しい時期に復職してしまったワタクシ。

忙しい~!!!

でも大丈夫、
みんな私を重病人扱いして超優しいし(笑)(本人超元気)
この激務は全て明日!いやもう今日か、今日のプレゼンのために忙しかったのであって、
今日を乗り越えれば穏やかな日々がやってくる。
と信じて今は一人祝杯中。

明日、いや今日、がんばるぞー。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
2012.10.31 / Top↑
ちょっとぉ、邪魔なんだけど~






人気ブログランキングへ
2012.10.28 / Top↑
職場の上司からメールが来て、子宮頚がんで手術が決まったと。
もう多すぎ・・・みんな若いのに。(私も含めて。念押し。)

ノルバデックスは再発を抑えるメリットがあるかわりに、
子宮体がん発症率をわずかながら増加させるリスクがある。

子宮がん検診行かないと。
行ったこと無いので大腸の内視鏡検査も受けてみよう。

こういうのは思い立ったら吉日。

まさか自分が、という思いない。
乳がんの後は○○がんかよ・・・!!!
というのも、あり得ないとは、今は思わない。



人気ブログランキングへ

2012.10.27 / Top↑
いやー残念。

放射線治療、照射開始して四日目にして、もう副作用・・・
左胸の皮膚が痛い!
火傷直後のひりひり感、あれに似ている。

職場の乳がん経験者は、
夜中の吐き気と業務中の猛烈な睡魔を副作用として上げていたが、
私にはまだそれはない。
皮膚は見た目の変化は無い。とにかくひりひり。

にしても放射線治療、
ぴゃっと服脱いでじ~っと一方向20秒ほど、次の方向じ~っと20秒ほど、
の照射で一日4,000円以上かかる。
それが25日・・・寒ッ!

今朝から服薬を開始したノルバデックスの副作用はどんな感じで出るのだろう。
心配だなあ。



人気ブログランキングへ
2012.10.26 / Top↑
今日は放射線治療3日目が終わった後、
乳腺外科外来にて病理組織診断の結果を伺う。

大きさ 2.0×0.8×1.8
断端 陰性
f,v(-),ly(-)
核グレード2
ER(+),PgR(+)
サブタイプ ルミナルA
ki67 5%


個々の用語については、
自分自身の勉強も兼ねおいおいゆっくり記載していくとして。

大きさ・・・なんと2cm!!
1cmだと聞いていたのに・・・
つまりは1期と2期スレスレだと!
大きさだけで言うなら1期は2cm以内、2期は2~5cmなので「1期で。」と(笑)

「私、年に1回必ず乳がん検診受けていたんです。一番最近自分で受けたのは1月で、
手術の時点で2cmあったなら、1月の段階でもエコーかマンモで映っていた
んじゃないかと思うんですが。」
 「1月の時点ではもうあったと思いますが、マンモだと乳腺の陰に隠れて見えなかった
 かもしれませんね。エコーも、線維腺腫がたくさんあるので、その中の一つだと
 思われたのかもしれません。」


まさかの見落とし・・・

過ぎたことは仕方がない。
私はマンモがある”産婦人科”を受診していた。
正直、乳腺外科の存在すら知らなかった。

また、ピンクリボン週間で乳がんに関するニュースや番組が非常に多いが、
「40歳を過ぎたら2年に1度は検診を」というスタンスが非常に多く感じる。
罹患が若年化していることを考慮すると、
”30歳を過ぎたら定期的に乳腺専門機関にて”受診する必要があると思う。

明日からホルモン療法であるノルバデックスの服薬が始まる。
仕事も再開する。
いろいろスタートだ!





人気ブログランキングへ

2012.10.25 / Top↑
前回記載の続きから。

9/4に針生検を受け、9/12に結果を聞きに行った。
結果は自分ではわかっていたし、何より毎週病院に行き、検査と検査結果を聞くこと
のスパイラルから抜け出せるのが何より嬉しかった。

細胞診の結果を聞きに行った時もそうだったが、
今回も、先生に挨拶をして椅子に座った瞬間から結果が判明(笑)
まず、先生、私の顔を見ない。
針生検の結果からではなく、二ヶ所実施した細胞診の結果をお話しになる。
途中でカットインして、
「先生、もうわかりましたから。」と言いたくなったくらいだ。

ドラマや映画にもなるガン告知のシーン。
なんともあっけなく「で、気になっていた個所は、やっぱりガンです。」と
さくっと言われる。私もあっさり「はい。」と答える。
一人で行ったけど「ご家族は」とか言われなかったし。

入院して部分切除、傷が治ってきたら放射線治療して、
ホルモンをコントロールする服薬を五年、ということもこの段階で伺う。

動揺は無かった。

ただ、
一番気になっていたことを聞いた時は、心がずん、と重くなった。

「将来的に子供は産めるのでしょうか。」
「ホルモン治療の服薬中は、奇形になりやすいので妊娠はできない。」

五年経ったら私42じゃん、もう産めないじゃん、と落ち込みしばし無言になる。

「ただ、計画的に、妊娠したい時期の三ヶ月くらい前から薬をやめることで、
妊娠は可能。妊娠出産が全く不可能になるわけではない。」


要するに今後はできちゃった婚は狙えないわけですね。(←聞いてないけど)
この後私は今話題のAMH検査の予約をソッコー入れたのでした。
この話はまた後日。


入院は来週か再来週で、病床担当者がスケジュールを調整して連絡する、
と言われる。
その後すぐに血液検査とCT検査の予約が入り、検査を待っている間に両親に電話。

電話に出た父に「確定だった。」と告げた瞬間動揺しまくり、早々に
「おおおおおおおお母さんに代わるから。」となる。

電話に出るために慌ててトイレから出てきた(笑)母も動揺していたので、
一生懸命「超初期で、命がどうこうとかは一切ないって。(←別に言われてないけど)
手術して薬飲んで、っていう感じで大丈夫だって。軽いから。(←軽いも重いもないけど)」
などと極めて明るく説明し、母も落ち着いて説明を聞いてくれた。
やはり女は強い。

というわけで9/12、記念日扱いにはならないが、
晴れて検査の日々が終了したのでした。



人気ブログランキングへ
2012.10.24 / Top↑
放射線治療の二回目が終わったその足で、湯島にある湯島食堂へ行ってきた。



湯島食堂

肉魚はもちろん、卵や乳製品にいたるまで、動物性のものを
一切使わないヴィーガン料理。

家でも野菜を多く取る食生活に変えたが、いかんせん料理をしてこなかった
ので、切ってドレッシングをかける、
沸かした豆乳に野菜をぶち込む、くらいしかできないわけで・・・
手の込んだお野菜料理を食べたくなった。

ここ、すっごくオススメ。
いい空気が流れていて、お野菜の味が本当に美味しかった。
お値段は高い。
それだけ安全性の高いお野菜を一度にたくさんいただくのは
お金がかかる時代なんだろう。

余談だが、
お食事が終わった後、湯島天神にお参りしたら、
お手水のひしゃくから直接水飲んでいるオジタマを見てゲッ
その後境内の石段でこけた。
こけた私の横をサラリーマンが無言で通り過ぎて行った。
今若干足首が痛いのと、なぜか熱っぽい。

なんなのー
まだ何か憑いてるのー!!!



人気ブログランキングへ

2012.10.24 / Top↑
ペイントでマウスで書いているので下手クソなんだけど、
放射線照射はこんな感じ。

寝ている私を足側から見て、ちょうど放射線が交差するように
二ヶ所から当てられる。
二ヶ所同時ではなく、まず左下側を10秒ほどだろうか?
ジーというレントゲンを撮る時と同じ音がして当てると、
CTのように体の上をぶいーんと移動して、
右ななめ上からまた10秒ほど当てるといった感じ。

当然ながら、当たっている感じ、熱や痛みは全く無し。
角度的に、あー内臓には当たってなそう、と思いながらあっちゅう間に終了。

放射線技師は全員男。トホホ。(死語)
執刀医、看護師、放射線技師と、この数カ月間で10数人に
ヒンニュウ生チチをさらしている・・・


1023.png




人気ブログランキングへ
2012.10.23 / Top↑
放射線治療受けに病院まで出かけたら~♪
財布と診察券忘れて、「明日払います念書」書かされた~♪

アホですアホ。

今日こそが放射線治療初日でした。
ものの数秒で終了。
あっけな!!




人気ブログランキングへ

2012.10.23 / Top↑
今までだったら見落としていたであろうニュース。
今はこういったニュースのタイトルを見るだけでもどきっとする。

ガン五年後生存率
<参考> 全がん協生存率調査

リンク先は今つながりにくいみたいなので、まずはこちら参照。

生存率のデータが存在する病気を自分が抱えている、という状況に、
ものすごく複雑な気分。

先日会った親友は、同世代で私を含め周りに三人ガン罹患者が居ると言う。
会社の同僚は、お母様が乳がんと子宮がん経験者(健在です!)、
本人は子宮の経過観察中、同級生が大腸がんと・・・

どうしても仕事目線で考えてしまうと、マイナス事項はまず、
・発生させないこと
・発生した場合は再発を防止すること
が重要だ。

私は今まで自分の不摂生や健康に目を向けることはあまりなかった。
もちろん、そのことが私の乳がんの直接の原因とは一概には言えない。
努力や心がけではどうしようもない部分も多大にあるだろう。
が、もし原因の一つであるとしたら、高熱を出した時や、
体調を崩した時などに、体のサインから生活を改めるチャンスはあったはずだ。

なってしまった以上、生活習慣の見直しはもちろんだし、
周りの人が私を反面教師にして、早めに免疫力向上に取り組んだり、
検査を受けるようになってくれればいいなあ、と思う。

「検査を受けることにした。」という言葉を聞くのが、今は何よりも嬉しい。



人気ブログランキングへ

2012.10.23 / Top↑
そうでしたそうでした。
今日は放射線治療初日だったのだけど、今日から放射線を当てるわけじゃ
なくて、照射のためのマーキングのみでした。
そう説明されていたの、忘れていた。

さて、マーキングはこんな感じになりました。
1022.png
この位置を毎回照射台に乗った時に合わせて、放射線照射がずれないようにする
大切なもの。
消えないよう、今後五週間はマーキングをこすらず、シャワーのみで済ませなければ
ならない。

よく言われる放射腺治療の副作用は、
・照射個所のやけどのような皮膚炎(痒みや痛み)
・倦怠感
・関節痛
・ごくまれに肺炎
・ごくまれに癌化

放射線科がある地下二階には霊安室もあることが発覚!
うーん、ちょっと怖いぞ!
また何か憑けてしまわないよう、ポジティブでいようっと!!
でもポジティブって、なろうと思ってなれるものなのか(笑)?!




人気ブログランキングへ

2012.10.22 / Top↑
長年の友人が紹介してくれた霊能力がある方。

私を見た瞬間、ごほごほ咳を始め、
「すんごいの憑いてるね。先に祓っちゃわないと私が気持ち悪いからここ座って。」
とお祓いされた・・・

「頑固だね。人に妬まれやすい性質だから、自分を柔らかくするようにね。
子宮と、五年後かな?乳がんに気をつけて。
昔同棲していた?とても優しい人?その人を忘れられないから次の人が
できない。あなたは結婚は一回しかできないから、その人を乗り越えてね。
50歳頃、気をつけて。」

と言われた・・・・

占い師の誘導は気をつけていて、自分のことを何も話さないようにしているが、
いろいろ、驚きの内容だった。

いったい私、何を憑けていたんだろ~



人気ブログランキングへ

2012.10.21 / Top↑
手術から三週間が経過。
術後一週間はそれほど痛く、ちょろいもんだと思っていたら、退院後痛みが増した。
後から、神経が戻ってきているためだと知って一安心するも、
動きにくい日々が続いていた。

ここ数日、傷のカサブタが少しづつはがれ始めた。
同時に痛みも軽くなってきて、昨夜は初めて手術した左側を下にして
横になることができた!嬉しい!

明日からは放射線治療が始まる。
肌の変化や副作用など、少し怖いけれど、
復職の日も近付いているし、無理をせず少しづつ前進中。





人気ブログランキングへ





2012.10.21 / Top↑
先日書いた通り、注文した下着のいくつかが届いた。

これ、めっちゃ正解。
柔らかい素材で、カップも柔らかいので傷に触れても痛くない。
ちなみにこっちも買いました。
この二つは、傷が治ってからも重宝しそう!!

ベルメゾンのほうは、上の二つが届いてからにしようと思っていたので保留していたが、
これなら買わないで良さそう。

私の傷を正面から見た図は前回記載したが、今日は横から見た図を記載してみる。
10192.png
手術した左胸は、乳首下部の腫瘍と周りのオニクを摘出したため、
下の部分がえぐれ、乳首が下を向いてしまっている。
また、右胸は年相応の垂れ具合なのに対し、
左は、大きさに差が出ないよう、周りの乳腺を寄せ集めて縫ってくれたとのことで、
胸の上部に張りがあり、垂れ具合がゼロ。

ちなみに、うちの職場の乳がん経験者の方が、私を励ますために
「ほら!」と見せてくれた傷はこんなで、変形も陥没も無かった。
10191.png
どこにどのくらいの大きさの腫瘍があるかによって、部分切除後の胸の形は大きく違う。
また、放射線治療を受けた後の再建手術は難しいらしい。


文句を言うつもりは毛頭ない。
腫瘍が胸の下部にある場合は変形が大きいこと、私もリサーチ不足だった。
が、この左右の違いはいかんともしがたい。
あと1年以上はかかると思うが、外も内部も傷が完全に治ったら、
陥没部分にヒアルロン酸でも入れてもらおうか・・・と真剣に考え中。
そもそも部分切除を受けた後、そういった施術が受けられるのかまず
リサーチしないと・・・と思っていろいろ見ていたら、
ゴボウで有名なかの先生のクリニックのQ&Aにありました!

いつかこの施術を受けるかもしれない。
医療保険のガン診断一時金、大切に使わないとな。




人気ブログランキングへ
2012.10.19 / Top↑
9/4火曜日、針生検の日。
この日は会社を早退させてもらい夕方の検査。
終わったらそのまま帰って愛犬を抱きしめながら痛みに耐えることができる。(大ゲサ)

すでにこの時点で、通院のために午前半休2回、有休1回、早退1回。
まだ検査の段階なのに、すでに会社やチームメンバーにはかなり迷惑をかけている。

麻酔して切開して、といった検査内容は恐ろしかった。
ただ何より、数週間に渡って続いている、検査→検査結果確認→次の検査、
という魔のスパイラルを早く抜け出したかった。
針生検の結果でやっと白黒つけられる・・・そんな期待も大きかった。

2012.10.18 / Top↑
本日10/17、診断書を受け取りに病院へ行ってきた。
退院した10/4にお願いしてあった保険会社指定の診断書だ。
病理の結果がまだ出ていないので、この診断書で知った新たな事実は無いが、
今までお医者様の口から直接聞いていないワードがあったので記録しておく。

・浸潤がん
・T1M0N0(オー2つではなくゼロ2つ)


浸潤ガンはガン細胞が乳腺内にとどまらず周りの組織に広がっている状態。
TMN分類法は、Tが大きさ、Mは多臓器転移の有無、Nはリンパ節転移の有無。

<用語参考> 『がん患者サービスステーションTODAY!』

これで書類が揃ったので、明日給付金請求ができる。
私の保険はガン保険ではないが、入院と手術給付金に加えて、
ガンと診断されたら一時金が給付されるようになっている。
まずガンと確定するまでの様々な検査で数万円かかっており、それから、入院、手術、
今後の放射線治療、ホルモン療法。
そして先日書いたように下着の問題、体質改善のためのジューサー、
今後やってみたい抗がんの民間療法など、とてもお金がかかる。

それから、私は今回ラッキーなことに、たまりまくっていた有休を使うことで、
入院期間も、自宅療養期間もまかなうことができたが、
有休が少ない、もしくはない場合や、仕事を継続できない状況だったらと思うと、
生活費の心配も出てくる。

公的補助でまかないきれない部分もある。
健康な人向けの保険のほうが、当たり前だが掛け金を抑えて給付金を
大きくすることができる。
まとまった金額の給付金があれば、治療の選択肢も広げることができる。

是非、健康なうちに、そして掛け金を抑えられる若いうちに、
ガン診断一時金を付けたプランで医療保険に加入しておくことをオススメします。




人気ブログランキングへ
2012.10.17 / Top↑
自宅療養中なのをいいことに、
美容皮膚科でシミ取りレーザー治療受けて来ました
今は顔にうっすらこげがある状態。
明日以降で徐々にカサブタとなり、
数日後にはぽろり、つるん!という目論見。
痛い思いしたんだから、
転んでもただじゃ起きないのだー!!



人気ブログランキングへ
2012.10.16 / Top↑
針生検について、ながーい文章を書いていたのに、×マーククリックで全て消えてしまった。
一時保存の重要性は仕事中いやというほど味わったのに、ちょっと仕事を離れると
こうなる(笑)
2012.10.15 / Top↑
体質改善に取り組むにあたって、私の悪い生活習慣をざっと挙げてみる。

・超肉好き。
・酒好き。しかも弱いので肝臓への負担は大きいと思われる。
・しょっぱいものが好き。腎機能は要経過観察と人間ドックで指摘あり。
・食事は基本的に一日一食、夜のみ。
 朝は少しでも長く寝ていたいし、昼は忙しくてランチに出る時間がないことが多い。
・夜はほぼ100%外食。自炊はしない。
・全く運動をしない。

これらとガンの関連性は不明だけれど、(いや書いてみて間違いない気もするけど)
続けていたら将来的にまた病気になっていたであろうことはわかる。

あらためて"You are what you eat"という言葉の意味が胸に突き刺さる。

2012.10.13 / Top↑
8/30木曜日 墨東病院初診

徒歩10分から15分というところだが、暑いわ検査怖いわでタクシーで向かう。
局所麻酔して皮膚切開という検査に脅えに脅え、たまりまくった有休を使って
丸一日休みを取っていた。
2012.10.13 / Top↑
8/22水曜日。
この日も午前半休をいただき、乳腺外科へ、前週実施した細胞診の結果を聞きに行く。
2012.10.12 / Top↑
10/11木曜日 退院後初の外来。
(※時系列で経緯を書いていたので、ちょっと経緯がわかりにくくなるかも。
あとで日付調整予定。)


私の前の9:00予約の女の子がなかなか診察室から出て来ず、
9:10の予約だったが見ていただけたのは9:25。
乳腺外科外来だし、あの女の子も乳がんなのかな・・・・見た目私よりずっと若いのに。

それにしても、紹介状が無いと受診できない病院の乳腺外科、
患者の90%以上が乳ガンだろうに、持ち時間が一人10分とはいかがなものか。
2012.10.11 / Top↑
8/15水曜日。
午前半休をもらい、乳腺外科がある総合病院へ。
びっくり。
超ガラガラ。
年一で自主的に乳がん検診を受けていた病院はいつ行っても激混みなので
ここ大丈夫か?!とかなり不安になる。
が、待ち時間が短いのは良いことと気を取り直す。

2012.10.11 / Top↑
8月の第2週のこと。確か8/7火曜日の夜。

猛暑にも関わらず扇風機で頑張っていた私、
その夜もキャミソールをおなかまでまくり上げ、
「う゛や゛~」と音にできない声を上げつつ、おっさんのように
脇腹あたりをペンペン、とかしていたと思う。
2012.10.10 / Top↑
フェイスブックを始めてからすっかり放置していたこちら。
最初ログインのしかたも覚えていなかった(笑)

ここ数ヶ月の間に私の状況は激変し、それは今後も続いていくこととなる。

フェイスブックのほうは本名だし、同じ会社の方もいるので細かに書くのは気がひける。
ただ何を感じ、どのようにこの先進んでいくのかの記録も兼ね、
残しておきたいと思った。
(そして今めっちゃ暇なので)

最近更新していなかったので、こちらはほぼ人の目に留まることも無いだろう、と。
このブログの存在を知っている人で、知られて困る人はいないし。

さて、どのあたりから書こうかな。
2012.10.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。