上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
エリカ邸で美味しいご飯とエリカの寝顔(笑)を満喫し、
翌日から三泊四日で長崎の伯母に会いに行きました。
下記「東京タワー」でも書いた、私の二番目の母です。

2000円の宮崎産マンゴー(マンゴーアレルギーの妻は失神しそう)や
20060611214618.jpg

大連とは一味違う本場のお寿司や
20060611215142.jpg

長崎を一望できる山の上の料亭の会席料理も
20060611220101.jpg

素晴らしかった!ビバ☆ビバ★だったのですが、
一番心に残っているのは73歳の伯母の恋バナでした。

伯母は40を過ぎるまで独身でした。
故郷の長崎を離れ、東京で優雅な独身生活を楽しんでいました。
縁談が全く無かった訳ではないようですが結婚には至らなかったそう。
長崎で教員をしていた伯父と東京で行われた同窓会で再会し、
静かで控え目な猛烈アタックを受け二人は結婚しました。
伯父には亡くなった前妻との間に三人も子供がいたので
いろいろと大変だったようです。
でも二人はとても仲良しで、昨年12月に伯父が亡くなるまでは
伯母は本当に幸せで素晴らしい結婚生活を送れた、と言っていました。
そして同じ家に住んでいながら時々交したラブレターと
遺髪を見せてくれました。
「寂しい時には遺髪にほっぺすりすりするの~」と
にこにこしている伯母の目は涙。
20060611221446.jpg


伯父が亡くなり看病疲れで激やせした伯母は、
伯父が入院していた病院にそのまま入院しました。
不思議な事に、病院内を歩き回る伯父を何人もの看護婦さんが
目撃しているそうです。きっと伯母が心配だったのでしょう。
愛ってすごいねえ。

ちなみに伯母の入院中毎日電話をかけていたのですが、
「毎晩8時頃、402号室の松岡さん宛にきれいな声の女性から
電話がかかってくる」と、ちょっとした私の声ファン達が現れたらしい。
夢は壊さぬよう。。。「たりい」「殺してえあのデブ」
「今何時?バンバンジー」などと日々口走っている女と
同一人物である事を知る必要は一切ございませんわね。

2006.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/27-10b01940

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。