上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なんとか成田にたどりつくも・・・

ぶ厚いセーターにコートの私を待ち受けていたのは、
「ただ今の気温は摂氏15度」という無情な機内アナウンスと、
超ミニ素足にオープントゥのヒールで空港駅をかっぽするじゃぴゃんのギャル達
でした・・・
厚くて死ぬか思いました。(珍事4)



よれよれ汗だくになり地元の駅にたどり着き、
重いスーツケースをひきずりなんとかエレベーターに乗り込もうとした時の事。
後ろからおばちゃんの声が。
「あなた!ちょっと!コートのボタン落としたわよ!!」
へっ?!と思い駆けてきたおばちゃんから受取ったものは

・・・「黒飴」

「ああいい事した」という顔で去って行くおばちゃんを見送りながら
1人誰かが落とした黒飴握り締め立ち尽くす汗だくな女・・・・
そして汗ばんだ手の中でべとべとになっていく黒飴・・・
(珍事5)


やり場のない気持ちを抱え、エレベーターに乗り込んだ私(黒飴握り締め中)
が思わず耳を疑った瞬間、初日最大の珍事は・・・
このアナウンス。


「まもなく大殺界です。」












ははははははいぃ?!
私面接の為に帰国したんですけど!!
やっとの事でついたのは地元駅のはずなんですけど!!


「大殺界に到着です。」

(珍事6)


爽やかな機械音声の姉ちゃんに導かれ、降り立った界は見た目なんら
いつもと変わらない地元駅。
そんなに恐ろしい世界にも見えぬ。目の前には改札口が・・・・改札口・・・・
ああ・・・
「改札階」か!!!

「大殺界と改札階・・・大殺界と改札階・・・大殺界と改札階・・・」




特大スーツケースを抱え、
15度なのにセーターとコートを着込んで汗だくで、
1人ぶつぶつニヤニヤしている女を、
営団地下鉄東西線G駅で夜22時頃目撃した人がいたとしたらそれはまぎれも無く私で、
その手には捨てるタイミングを逃しどうしていいかわからないベタベタ
の黒飴が握り締められていました。

とさ。


a.banner.gif
ランキングぽちっとお願いしま~す




2007.11.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/417-1b1da425

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。