上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、とある霊能力者とお会いした。
生まれついての巫女の一族で、かつては王族について進言していた家系の方だそうだ。

その方曰く、私の前世は、というと・・・

父の兄夫婦の息子、すなわち従兄弟との恋愛を父に反対され、父の差し金で恋人は戦地に
赴いてしまった。
そして彼は戦死したと聞かされ他の人と結婚したが、実は彼は生きていた!!
彼が生きていたことを知って、運命を、父を恨みながら精神を病み死んでしまった、















中国人女性である。

波乱万丈やないの・・・・



しっかし、以前福岡で観てもらった占い師さんに言われた私の前世である「芸者」
「ヨーロッパのショーダンサー」といい、なぜみんなこうドラマティックなものばかりなのだ??

そりゃあ確かに「あなたの人生は、農村の次女として生まれ20歳で結婚。二人の子供に恵まれ
67歳で死にました。」と言われたら普通すぎてちびっとがっかりするかもしれないが、
でもこの世の大半がそんな感じじゃないかと思うのだ。
現にドラマティックな前世を持つ私は、普通のOLだし・・・

となるとなんだか「???」なんだけれども、きっと前世で思い残したことを遂げるために
生まれ直してくるような輩は、穏やかな人生を送れなかった人じゃないのかな。
ということでまとめます。

ちなみに、
私が子供の頃よく夢に見ていた場所が実際にメキシコのとある遺跡にあって、
それは生贄を捧げる泉であった。中学生くらいからその夢はぱったり見なくなった。という話を
したら「どれ、ちょっと観てみよう」ということになり、しばし瞑想タイム。

そして「うん、その夢を見なくなった年齢に生贄になっちゃったね。13歳くらいみたい。
みんなのためになるなら、とわりと恐怖を感じないままに死んでるね。あなた人のために何かを
したい、という思いが強いでしょう。それはこの子の影響だね。」と言われまちた。

・・・・・

なんだかんだでその方のお話は楽しくて、3時間もご一緒してしまいました。
最後に「あのですね。それでですね。私は恋人がいつできるのでしょうか?
結婚はできるのでしょうか??」と本題を切り出したところ・・・・












「ははは、それはあなた次第よ。」
と言われました・・・・


今日この日記を読んでどのように感じるかはミナサマ次第・・・・

2008.11.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/572-665d1392

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。