上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
漢字で書くと「内科の怪」。
ニライカナイみたいでちょっと素敵?

私は情やら愛着が湧きやすいタイプで、引越した翌日にはその土地、新居が大好きになるし、
入社して一週間後には完璧な愛社精神が宿る。
(実は採用面接の段階で芽生えていることも多い)
そんな私が引っ越して二年経つ錦糸町、「我が町」と愛してやまないはずが・・・・
今日心底錦糸町ってどうよ?!と思えた小さなデキゴト。


明らかに熱があると感じたので、ちょっと職場を中抜けして病院へ。
事前にネットで調べた職場付近の内科は全滅、三箇所とも木曜休診。
なので、少々遠いのだが、永太さんに噛まれた際に(笑)お世話になった、
外科がメインで内科も診てくれるクリニックへ向かった。
が・・・道すがら念のため電話してみると、午後は16時から。その時14時半・・・

仕方なく、ネットで「錦糸町 内科」で検索し片っ端から電話してみたが、
「休診アナウンス」「うちは開業医廃業したんですよ」「外来受け付けていません」
「紹介状が無いとだめです」「予約制です」「内科は月水金のみです」などなどなどなど、
コメディか新手のイジメかと思うくらい拒絶の嵐。

風も冷たい中、ネット検索分も含めると15箇所目にしてやっと見つけた「胃腸科内科」にて
待つこと45分、晴れて「風邪」の太鼓判を押していただき、五日分の薬を処方していただいた。

いや、錦糸町が悪いわけじゃあないんだろうけど、
きっと開業医も今大変で大病院での副業とか持ってたり、
はたまた木曜日は学会が多かったり、いろいろ医学界もあるのだろうけど・・・
にしても、何も臓器移植しないと大事に至るような大怪我をしたわけでもあるまいに、
15箇所もあたってやっと診てもらえるって何?!

100円で何でも買えるような便利な世界で、
熱出してふらふらしながら病院を求めてさまよう都会、
変なの、といじけてしまった一日でした。

まあ、食中毒でふらふらな患者を病院内でさまよわせる大連医科大よりは・・・ましか。
牡蠣に当たった日の日記


2009.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/635-11a87869

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。