上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
mixiのコミュで知った、とある横浜にあるホームセンターのオープン20周年記念のイベント。
買い物3000円で一回抽選ができ、

景品は「子犬」。


コミュにトピが立ったのが25日の夜中。
読んだ人たちや、恐らくイベントの告知を見た地域の方々が電話やメールで抗議した結果、
このホームセンターは、本日夕方景品を商品券に変更しました。


昨日抗議の電話をしたトピ主さんは「中止なんてありえませんから」くらいのケンモホロロな
対応をされ、ブログにホームセンターの名前と連絡先を公開する、と伝えた時も、
「まあ仕方ないですねえ。」という適当な反応であったそう。

今日電話した時は「反対のお声を多くいただいていまして、現在検討中です。
本日中には決定したいと思います。ご意見ありがとうございます。」ととても丁寧な対応だった。
会話時間にしてわずか2分弱。
私にとってはたった数分でも、
このホームセンターは対応に何時間も割く羽目になったのだと思う。

トピの書き込みを今見てみたら、抗議メールを送った方へは謝罪の返信がきたそう。
景品を変更したことや、電話応対を見直したこと、ちゃんと謝罪メールを送信している
この企業姿勢は評価したい。

2ちゃんねるとか、学校裏サイトとか、ほんとにネットって怖いと思うこともある反面、
プラスに働けば大きな力になるんだとあらためて「小さな勝利」を味わっています。

以前ブルセラ症の犬たちの時は、
抗議のメールを書いたけど結局大阪府の決定をくつがえせず、
全頭殺処分となってしまって本当に無念だった。

反面、EUは中国からの毛皮輸入廃止を表明したし、
ラルフ・ローレンやステラ・マッカートニーはリアルファーを使わないと宣言した。
ロレアルグループは動物実験をしていないとHPに明記しているし、
民意で動いた大企業も多いのも事実。


私が将来大病をしたとして、革新的な治療方法があると知ったらためらわず選択するだろう。
たとえその治療方法が、動物たちの痛ましい実験の元に確立されたものだとしても、
それでも私は自分や家族のためにそれを拒否はしないだろう。

でも、おしゃれのための毛皮ならフェイクでいいし、
動物実験をしていない洗剤や化粧品があるなら、それを選びたい。

じゃあ肉は?魚は?レザー製品は?と言われるともう私には何も言い返せないし、
せいぜい美味しく残さずいただきます、大切に丁寧に使います、としか言えない。

偽善とエゴと愛護のはざまで悩むこともあるけれども、
これからも、ちょっとずつ。少しづつ。
それが永太と出会って知ってしまったことだからね。





2009.10.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/639-13603972

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。