上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
何はともあれ、日本を旅立って約20時間後、現地時間20時30分に
無事レオンへ到着。
イミグレーションで並んでいる間、
アメリカ人のご家族にとても流暢な日本語で話しかけられ、
聞くと茨城に宣教師として数年間住んでいらっしゃったんだそう。
4人のお子さんは日本生まれで日本語も少し覚えているとか。
今、ご子息の一人がレオンに住んでいるので会いにいらっしゃったのだそう。

ご家族のおかげで長いイミグレの列も楽しく過ごせ、
お礼を言って別れるとバゲッジクレームへ向かう。



が。

待てども待てども私のボストンバッグが出て来ない。
ついには回転寿司みたいなあの台も止まり、係の人が荷物を下ろし始めたので
聞いてみると
「ごめんね。その名前の荷物は見ていないから、多分まだヒューストンね。」

なんとここに来てロストバゲッジ・・・!!

・・・まあ私の旅はこんなもの。


到着ロビーには、9年ぶりのアルベルト&リビエルのツインズがお出迎え!
懐かしい顔に、20時間の長旅の疲れもふっとぶ。
「ユナイテッドでシカゴから来るって言ってたのに、コンチネンタルでヒューストンから
ってどゆこと?!」と笑うツインズに旅の経緯を説明し、挙句の果てのロストバゲッジだ
と知ると、人の不幸を爆笑。

実は、機内持ち込み荷物は全てお土産であり、着替えやシャンプーリンスは
全てロストバゲッジの中であることを告げた時点で、もう大爆笑。

まあなんというか、9年ぶりの嬉しい再開はなんだかんだで楽しい感じになり、
古い表現を借りれば、つかみはオッケー、なのでした。

2011.11.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/841-bb7cb788

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。