上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8/30木曜日 墨東病院初診

徒歩10分から15分というところだが、暑いわ検査怖いわでタクシーで向かう。
局所麻酔して皮膚切開という検査に脅えに脅え、たまりまくった有休を使って
丸一日休みを取っていた。

私はすっかりその日に検査をするものだと思っていたのだが、
なんと、その日は今後の主治医となる先生との顔合わせ的な感じで、
検査の日を決めただけであった。
しかも、
 「疑わしい個所には麻酔をしての針生検を実施し、念のため両胸にある良性の線維腺腫も
 大きなものはいくつか細胞診をしましょう。
 それから最初の病院にお願いして、細胞診のプレパラートをもらってきてください。
 複数の目で確認したほうがいいと思うので。」


とおっさる。
OMG・・・またですか。もうこうなったらとことん検査して、白黒はっきりしてもらいましょう。

さて、午前11時の時点でフリーとなってしまった。
思わぬご褒美的な休日ができてしまったので、行きつけの整体の予約を取る。
とても人気で、普段飛び込みでは予約取れないのでラッキー。
お世話になっている整体師さんに「実はさー」という感じで話すと、
「えっ!実は私も来週細胞診やることになっているんですよ!」と。
思わぬところで細胞診仲間が見つかる。
「お互いなんともないといいっすねー。」などと言いながら至福の時間を過ごしたのだった。

針生検は五日後。




人気ブログランキングへ
2012.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/851-b15b6334

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。