上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回記載の続きから。

9/4に針生検を受け、9/12に結果を聞きに行った。
結果は自分ではわかっていたし、何より毎週病院に行き、検査と検査結果を聞くこと
のスパイラルから抜け出せるのが何より嬉しかった。

細胞診の結果を聞きに行った時もそうだったが、
今回も、先生に挨拶をして椅子に座った瞬間から結果が判明(笑)
まず、先生、私の顔を見ない。
針生検の結果からではなく、二ヶ所実施した細胞診の結果をお話しになる。
途中でカットインして、
「先生、もうわかりましたから。」と言いたくなったくらいだ。

ドラマや映画にもなるガン告知のシーン。
なんともあっけなく「で、気になっていた個所は、やっぱりガンです。」と
さくっと言われる。私もあっさり「はい。」と答える。
一人で行ったけど「ご家族は」とか言われなかったし。

入院して部分切除、傷が治ってきたら放射線治療して、
ホルモンをコントロールする服薬を五年、ということもこの段階で伺う。

動揺は無かった。

ただ、
一番気になっていたことを聞いた時は、心がずん、と重くなった。

「将来的に子供は産めるのでしょうか。」
「ホルモン治療の服薬中は、奇形になりやすいので妊娠はできない。」

五年経ったら私42じゃん、もう産めないじゃん、と落ち込みしばし無言になる。

「ただ、計画的に、妊娠したい時期の三ヶ月くらい前から薬をやめることで、
妊娠は可能。妊娠出産が全く不可能になるわけではない。」


要するに今後はできちゃった婚は狙えないわけですね。(←聞いてないけど)
この後私は今話題のAMH検査の予約をソッコー入れたのでした。
この話はまた後日。


入院は来週か再来週で、病床担当者がスケジュールを調整して連絡する、
と言われる。
その後すぐに血液検査とCT検査の予約が入り、検査を待っている間に両親に電話。

電話に出た父に「確定だった。」と告げた瞬間動揺しまくり、早々に
「おおおおおおおお母さんに代わるから。」となる。

電話に出るために慌ててトイレから出てきた(笑)母も動揺していたので、
一生懸命「超初期で、命がどうこうとかは一切ないって。(←別に言われてないけど)
手術して薬飲んで、っていう感じで大丈夫だって。軽いから。(←軽いも重いもないけど)」
などと極めて明るく説明し、母も落ち着いて説明を聞いてくれた。
やはり女は強い。

というわけで9/12、記念日扱いにはならないが、
晴れて検査の日々が終了したのでした。



人気ブログランキングへ
2012.10.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/867-53acb0d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。