上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は放射線治療3日目が終わった後、
乳腺外科外来にて病理組織診断の結果を伺う。

大きさ 2.0×0.8×1.8
断端 陰性
f,v(-),ly(-)
核グレード2
ER(+),PgR(+)
サブタイプ ルミナルA
ki67 5%


個々の用語については、
自分自身の勉強も兼ねおいおいゆっくり記載していくとして。

大きさ・・・なんと2cm!!
1cmだと聞いていたのに・・・
つまりは1期と2期スレスレだと!
大きさだけで言うなら1期は2cm以内、2期は2~5cmなので「1期で。」と(笑)

「私、年に1回必ず乳がん検診受けていたんです。一番最近自分で受けたのは1月で、
手術の時点で2cmあったなら、1月の段階でもエコーかマンモで映っていた
んじゃないかと思うんですが。」
 「1月の時点ではもうあったと思いますが、マンモだと乳腺の陰に隠れて見えなかった
 かもしれませんね。エコーも、線維腺腫がたくさんあるので、その中の一つだと
 思われたのかもしれません。」


まさかの見落とし・・・

過ぎたことは仕方がない。
私はマンモがある”産婦人科”を受診していた。
正直、乳腺外科の存在すら知らなかった。

また、ピンクリボン週間で乳がんに関するニュースや番組が非常に多いが、
「40歳を過ぎたら2年に1度は検診を」というスタンスが非常に多く感じる。
罹患が若年化していることを考慮すると、
”30歳を過ぎたら定期的に乳腺専門機関にて”受診する必要があると思う。

明日からホルモン療法であるノルバデックスの服薬が始まる。
仕事も再開する。
いろいろスタートだ!





人気ブログランキングへ

2012.10.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/868-e9231479

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。