上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
19時に手術終了後、
「痛い痛い」騒いでいた私も、鎮痛剤の点滴が効いてくるとともに
20時頃すぴっと寝に入っていたと母談。

手術直後の患者だけは、自分のベッドではなく、
ナースステーションの真正面の部屋に移される。

夜23時頃か、暑くて目が覚める。二枚かけられていた布団のうち、
一枚を蹴り飛ばす。
そしてふと気がつく。
手術前には履いていた、パジャマのズボンとパンツを履いていない!
そしてなんだか管がささっている!
事前に説明は聞いていたが、手術直後には気がつかなかったので
あらためて「いつ脱がせたんだこの野郎」気分になる。
そして、暑いからといって最後の砦のこの布団を無意識に蹴ってしまう
とあらんやだん状態になってしまう・・・と緊張感が(笑)

看護師さんから「ごろごろ寝がえりを打つように」指令が出ていたものの、
動く気になれず。
とにかく喉が渇く。
そもそも私がなるべく早い時間に手術を受けたかったのは、
手術終了から6時間くらい経過すれば、水分摂取OKと聞いていたからだ。
目が覚めた23時時点で、朝9時から全く水分を摂っていないし、
手術中に挿管されていた気道確保の器具のせいもあって、喉がカラカラ。

うつらうつらして0時。

1時・・・
この夜はこの後ほぼ一時間おきに目を覚ましてしまった。

2時、たまたま見回りに来た看護師さんに、「み、みず・・・」と訴えると
水飲みで飲ませてくれた!!!
あの感激。あの時の水の美味しさ!!
まさにこの時以来。
酸素マスクもこの時点で確かはずしてもらった。

3時。
気分が悪い。産まれて初めてナースコールを押す。
看護師さんがベッドの背をういーんと少し起こしてくれたらあっさり解消。

明け方、隣のベッドの困ったおいちゃんが騒ぎだすまで、
少し落ち着いて眠ることができた。



人気ブログランキングへ



2012.11.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://peyoungindalian.blog67.fc2.com/tb.php/878-4d5eec90

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。